世界を牛耳るロスチャイルドの家紋や双頭の鷲、蛇などのロゴ特集

オカルト

世界を牛耳っているとして有名なロスチャイルド家の家紋、双頭の鷲のロゴ、悪魔の象徴として有名な蛇のロゴなど、世界には至る所に有名なロゴが散りばめられています。

たとえば日本の天皇家の家紋、日本銀行のロゴ、サントリー角瓶のロゴなどなど。
関連性は定かではありませんが、非常に酷似していることはわかります。

この記事では「あれ、ここもこのロゴとそっくりだったんだ?!」という発見をお楽しみください。

ロスチャイルドの紋章

ロスチャイルド家(ロートシルト家)の紋章。
この紋章は1822年にオーストリア政府(ハプスブルク家)より、男爵の称号とともに授けられました。

Wikipedia

盾の中にある5本の手は創設者であるユダヤ人の銀行家の息子たちを表しています。

似ているロゴ

天皇家
日本銀行
ハウステンボス
Queenのジャケット
ルーマニア王国の中紋章(1922年~1947)
フィリップモリス
ニッカウヰスキーのエンブレム
サントリー角瓶のロゴ
アサヒ・ザ・リッチのロゴ
オーストラリア国章

双頭の鷲(ライヒスアドラー)

主に東ローマ帝国や神聖ローマ帝国と、関連したヨーロッパの国家や貴族などに使用されたロゴです。
ロスチャイルド家の紋章の中にも描かれ、ロシアの国章としても有名です。

ロスチャイルドの紋章

ロシアの国章

似ているロゴ

このロゴは国の紋章でよく使われているそうですね。

神聖ローマ帝国の国旗
ロシア代表エンブレム[サッカーエンブレム紹介]
セルビア紋章
ドイツの国章
ルーマニアの国章
東ローマ帝国・ビザンチン帝国の国章
アルバニアの国章
ヨーロッパの紋章

ちなみにロシアの紋章にはこういったものもあります。

アスクレピオスの杖

WHOで有名なアスクレピオスの杖

ギリシア神話における医療アスクレピオスが所持していた蛇巻きついた杖とされていますが…
はたまた逆にサタン、という説もあります。

『旧約聖書』で最初に登場するサタンの概念は、「創世記」において、楽園に暮らすイヴをだまして知識の木の実を食べさせた「ヘビ」として登場します。

医療機関系によく用いられている蛇のマークですが…関連はいかに?!

似ているロゴ

救急車のロゴ
自衛隊中央病院
アルファロメオ
Blue Cross Blue Shield
American Cancer Society
米国医師会
ALDIES
ロゴの意味
  • アルファロメオ:ステランティスN.V.傘下のイタリアの高級自動車メーカー
  • Blue Cross Blue Shield(ブルークロスブルーシールド協会):米国で1億600万人以上に健康保険を提供している35の別々の米国健康保険会社の連合体です。
  • American Cancer Society(アメリカがん協会):アメリカ合衆国の非営利団体。 情報提供、患者支援、がんに関する調査研究の3つを活動の柱とし、全米3400か所に支部。
  • 米国医師会:アメリカ医師会とは、医師と医学生により構成されるアメリカの学術団体及びロビー集団
  • ALDIES(アールディーズ):ファッションブランド

まとめ

似ているロゴを簡単にご紹介しましたが、関連性は定かではありません。
しかし、このように世の中には似ているロゴがたくさんあります。

類似しているロゴやその意味を調べてみるというのもまた面白いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました